読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱんつくのぱんつくぶろぐ

ぱんつくはぱんつく

ゲームしない人生は損してるし、マンガやアニメに時間を費やさない人生も損してる。

seiga.nicovideo.jp

 

突然だが、ツイッター巡回していたら、これを深夜に発見したため、ニコ動上で読んでみた。

そしたら、めちゃくちゃ面白そうだったので、コミックスkindleで即買いした。

 

突撃! となりのプロゲーマー

突撃! となりのプロゲーマー

 

 

…うう、、めっちゃ感動した。

というか、そもそもゲームしない人間だったため、「梅原さん」のすごさもまったくわかっていなかったし、ビジネス書でめっちゃ売れた方(ちきりんさんが確か対談してた)、というくらいの認識しかなかった。

 

そんな自分を恥じた。

 

どんな世界にも「プロ」として強すぎる技術を持つ人たちがいるんだ、ということが本当にすごいな、と思ったし、日本が風営法の関係で、ゲームで賞金あるイベントができないんだと知った。

これはすごくもったいない。

 

日本で、たくさん賞金の出るゲームイベントが毎年開催される、、となったら、世のキッズたちは大喜びじゃないのかしら。

今はオンラインでもゲームできるみたいだけど、リアルでの「場」があることって本当に大切だし。

 

何より、私は、スポーツができるか/勉強ができるか、でしかその人間の価値を測れない尺度しか持てないしくみは変えた方がいいんじゃないかと思っていて、「ゲーム」というのはそういう社会を変革していく可能性をも持つ分野なんだ…、と思った。

 

そして、そういう世界があることは、くつきさんにマンガにしてもらわなければ絶対に知ることがなかったわけで、ツイッター巡回してなかったら絶対出会ってなかったわけで、インターネットにつながってて、マンガが在ってゲームが在る、という社会の現在にものすごく感動した。

 

自分は非リアのオタクだから、ほとんど日の目を見ない人生歩んでいるけど、その割にはマンガもアニメもゲームも中途半端だったなあ、、と来し方を最近振り返らざるを得なくなっている。

 

平成の世に生まれて、マンガ、アニメ、ゲームをとことんやってない、というのは、人生にとって大きな損失ですよ。

 

もっともっと、たくさんいろんな作品にダイブしていきたいし、いろんな作品を見たいしプレイしたい。

 

素敵な作品を作っていただき、世の中にこんな素敵な方々がいるんだということを教えていただき、本当にありがとうございました。

 

今から「突撃!となりのプロゲーマーII」を読みます。

  

突撃! となりのプロゲーマーII

突撃! となりのプロゲーマーII

 

  

以上です。